October 23, 2019 / 5:02 PM / 23 days ago

リブラ、懸念解消まで延期 フェイスブックCEOが議会証言

[ワシントン 23日 ロイター] - 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は23日、下院金融サービス委員会の公聴会で、来年半ばに導入を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、電子決済コストを引き下げ、世界金融システムにより多くの人が関与する一助になり得ることで、世の中のためになるとの考えを示した。

スーツ姿で公聴会に出席したザッカーバーグ氏は、米規制当局の懸念を完全に解消するまでリブラ導入を延期する姿勢も示した。

リブラ計画に反対を表明しているウォーターズ委員長(民主党)は、来年の米大統領選を控え「フェイスブックがリブラ計画を進める前に、これまでの多数の不備や失策解決に注力することが皆のためになる」と指摘した。

リブラを巡っては、資金洗浄(マネーロンダリング)への悪用や世界の金融システムへの影響に対する懸念から各国の議員や規制当局から批判を浴びており、米クレジットカード大手のマスターカードやビザなどが運営団体「リブラ協会」を脱退すると発表した。

ザッカーバーグ氏は自社の不祥事を認めた上で、「私が現時点でリブラの理想的なメッセンジャーでないことも理解している」と言及。ただ、それがリブラ計画の障害になるべきではないとも主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below