May 15, 2020 / 5:40 AM / 3 months ago

フェイスブックの「リブラ」、シンガポールのテマセクが参加

 5月14日、米フェイスブックが主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」導入計画にシンガポールの政府系ファンド、テマセク・ホールディングスが加わったことが分かった。写真はボスニア・ヘルツェゴビナのゼニツァで昨年6月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[シンガポール 15日 ロイター] - 米フェイスブック(FB.O)が主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」導入計画にシンガポールの政府系ファンド、テマセク・ホールディングス[TEM.UL]が加わったことが分かった。

リブラの運営団体であるリブラ協会が14日に明らかにした。

リブラ構想を巡ってはマスターカード(MA.N)やビザ(V.N)、ペイパル<PYPL.Oなど決済大手が昨年参加を取りやめたことから、テマセクは主要な参加団体の1つとなる。テマセクの運用資産は3000億シンガポールドル(2100億米ドル)を超える。

リブラ協会はテマセクの参加について、アジアに軸足を置く投資家として「他と異なる見地」を提供すると歓迎した。リブラ協会はこのほか仮想通貨投資会社とプライベートエクイティ(PE)の2社の加盟も発表した。

テマセク・インターナショナルの副最高経営責任者(CEO)、Chia Song Hwee氏はこれとは別の声明で、「ブロックチェーン技術は、費用効率の向上や新規事業機会の創出、金融包摂の加速を通じ、決済ネットワークにおいて変革的な役割を果たすことができる」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below