May 14, 2019 / 3:56 PM / 2 months ago

「ワッツアップ」にサイバー攻撃、高度なハッキング技術使用か

[エルサレム 14日 ロイター] - 米フェイスブック傘下の対話アプリ「ワッツアップ」は14日、同アプリの一部ユーザーを標的としたサイバー攻撃が発生したことを明らかにした。

民間企業が開発し、政府が利用する監視技術が攻撃に使用されたとみられ、人権保護団体が標的となった可能性があるという。

ワッツアップは「アプリの脆弱性を突いて、一部のユーザーを標的とした」攻撃があり、高度なサイバー攻撃技術が使われたことを明らかにした。

影響の出たユーザー数は明確にしていないが、すべてのユーザーにアプリ更新を促した。アプリの月間ユーザー数は15億人とされる。

また、米司法省に調査の支援を要請したという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below