May 1, 2019 / 3:17 AM / 19 days ago

米フェイスブック、プライベート重視へ交流サイト刷新

米フェイスブックは30日、中核のソーシャルネットワーク事業の見直しを実施したことを明らかにした。写真はソフトウエア開発者向け年次会議「F8」で、ソーシャルネットワークの新たなデザインについて発表するザッカーバーグCEO(2019年 ロイター/Stephen Lam)

[サンノゼ(米カリフォルニア州) 30日 ロイター] - 米フェイスブック(FB.O)は30日、中核のソーシャルネットワーク事業の見直しを実施したことを明らかにした。プライバシー保護を巡るスキャンダルと決別し、新たな収益源を確保すべく、プライベートなメッセージング・電子商取引サービスを提供する企業への転換に向け具体的な一歩を踏み出した。

ソフトウエア開発者向け年次会議「F8」で、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)がニュースフィードを軸としないソーシャルネットワークの新たなデザインについて発表。フェイスブックの立ち上げ当初からあったアプリ上の青色のバナーもなくした。

新たなデザインは、メッセージアプリ、オンライン・マーケットプレイス、オンデマンド動画サイトなどで展開。短時間で消える動画や写真を投稿できる「ストーリーズ」にも重点を置いた。

同社はまた、友人など親しい人や企業とユーザーとのやりとりを促す機能も導入した。

ユーザーはメッセンジャー上で動画を一緒に視聴したり、お互いの反応をテキストや動画のチャットで同時に見たりすることが可能になる。

また、ザッカーバーグCEOによると、マーケットプレイスでは売り手がフェイスブック上で直接支払い金額を受け取り、出荷の手配ができるようになるほか、ワッツアップとメッセンジャーのユーザーは写真を共有するように簡単に送金し合えるようになるという。

ザッカーバーグCEOは「世界がより広がり、つながりが深まる中、親しみを感じることがこれまでになく必要となっている。われわれが将来はプライベートが重視されると考える理由はここにある。これが当社のサービスの次の章だ」と語った。

主に利益率の比較的低い事業に関してとなった同社の発表を受けた投資家の反応はさえず、フェイスブックの株価は30日の米株市場で0.7%安で引けた。

ザッカーバーグCEOは3月、傘下メッセージアプリ上での利用者間の対話の暗号化を進め、プライバシー保護を図る方針などを示していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below