for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェイスブック、情報流出巡り米当局と和解へ 罰金数十億ドルも=WP

 2月14日、米紙ワシントン・ポストは、米フェイスブックの情報流出問題を巡り、米連邦取引委員会と同社が和解に向けて協議していると報じた。写真はフェイスブックのロゴ。昨年6月に撮影(2019年 ロイター/Regis Duvignau)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米紙ワシントン・ポスト(WP)は14日、米フェイスブックFB.Oの情報流出問題を巡り、米連邦取引委員会(FTC)と同社が和解に向けて協議していると報じた。フェイスブックは数十億ドルの罰金支払いを求められる可能性がある。

WPが事情に詳しい関係筋2人の情報として報じたところによると、FTCとフェイスブックは金額について合意に達していない。

FTCは、フェイスブックが利用者情報を英政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカと共有した問題を調査している。

調査では、ケンブリッジ・アナリティカとの情報共有や他のプライバシー関連の問題が、個人情報保護に関するFTCとの2011年の合意に違反しているかどうかが焦点となっている。[nL3N1ZI4LC]

和解はフェイスブックの今後の事業方針に影響する可能性もある。

フェイスブックの広報担当者はWPの報道についてコメントを控えた上で、「当社はFTCと協力しており、今後も協力を続ける」と述べた。

FTCはコメントを控えた。

プライバシー対策の不備を巡るFTCの罰金は2012年にグーグルに命じた2250万ドルがこれまでの最高となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up