for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェイスブックの顔認証、プライバシー団体が米当局に苦情へ

 4月6日、米プライバシー保護団体、電子プライバシー情報センター(EPIC)と複数の消費者保護団体は、米交流サイト大手フェイスブックの顔認証技術がユーザーのプライバシーを脅かしているとして、米連邦取引委員会(FTC)に苦情を申し立てると明らかにした。写真は2015年3月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[6日 ロイター] - 米プライバシー保護団体、電子プライバシー情報センター(EPIC)と複数の消費者保護団体は6日、米交流サイト大手フェイスブックFB.Oの顔認証技術がユーザーのプライバシーを脅かしているとして、米連邦取引委員会(FTC)に苦情を申し立てると明らかにした。

フェイスブックの顔認証技術は、自分が写っている写真を他人が投稿した場合、自分がタグ付けされていなくても、その本人に通知するのに利用されている。

EPICは「本人の明白な同意なく顔画像をスキャンすることは違法で、禁じられるべきだ」と主張した。

フェイスブックのプライバシー責任者のロブ・シャーマン氏は、ユーザーはこの技術を使うかどうかを、いつでも設定変更できると説明した。

フェイスブックは2011年にもプライバシー問題でFTCと和解しており、EPICと消費者保護団体は、顔認証技術の使用がこの和解条件にも違反すると訴えている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up