June 4, 2019 / 10:22 PM / 3 months ago

米フェイスブック投資家が独立系会長求める声明、株主投票で強い支持

[ボストン 4日 ロイター] - 米フェイスブック(FB.O)株に投資している公的年金基金の管理者らが4日、同社の会長職と最高経営責任者 (CEO) 職の分離を求める声明を出した。同案について外部の投資家から強い支持があることが株主投票で示されたと訴えた。

ニューヨーク市のスコット・ストリンガー会計監査官は、電子メールで声明を発表し「フェイスブックはユーザーや投資家、われわれの民主主義に対して何の説明責任も負っていないため、同社の閉鎖された取締役会を開かれたものにしなければならない」と指摘した。

イリノイ州のマイケル・フレリックス財務官は別の声明で「フェイスブックの外部投資家は、取締役会長とCEOの役割を分離する時期が来ていることに同意している。現在、ザッカーバーグ氏は取締役会長兼CEOであり、自身の上司を務めているが、明らかにうまくいっていない」と述べた。

コネティカット州、ロードアイランド州、ペンシルベニア州の財務官らも同様のコメントを出した。

フェイスブックの関係者はコメントを控えた。

ストリンガー氏とフレリックス氏は、フェイスブック株を保有する年金基金を管理している。これらの基金は、同社への監視を強化する手段として独立した会長を置くことを求める株主決議案を提出した投資家グループに含まれる。

フェイスブックは先週の年次株主総会で、同社の筆頭独立取締役がすでに株主のすべての利益を代表できているとして、この案に反対した。

ザッカーバーグ氏とその他の経営幹部らは議決権に差がある2種類の株式を発行する「デュアル・クラス株式」構造により、議決権株式の約58%を支配しており、この提案が通る可能性はほとんどなかった。

しかし、3日夜に発表された総会の投票結果によると、ザッカーバーグ氏と他の経営幹部が保有する約40億株を除けば、独立した会長を求める案は外部の投資家の68%から支持を得たことになる。

同案のスポンサーは、2017年に同様の案が外部投資家から得た51%の支持を大きく上回ると指摘している。デュアル・クラス株式構造を採用していない従来の企業であれば、今回の投票結果は通常、改革につながっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below