for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェイスブック、米裁判所がデータ機密性巡る記録提出命じる

[31日 ロイター] - 米デラウェア州の衡平法裁判所の判事は、交流サイト大手フェイスブックに対し、データ機密性の取り扱いに関する電子メールなどの記録を株主に公開するよう命令した。

最大8700万人のユーザー情報が、政治コンサルティング会社のケンブリッジ・アナリティカ(CA)に流出した問題が発覚。株主らが昨年9月、同社を相手取って関連記録を求め訴えを起こしていた。

判事は30日、フェイスブック取締役会のメンバーらが、データ機密性侵害に関わる不正行為に関与した可能性を認める「信頼できる根拠」を株主らが示したと判断した。

同社は2015年の情報流出時、プライバシー慣行について定めた連邦取引委員会(FTC)の同意審決下にあったと指摘。「裁判で示された証拠は、取締役会と幹部らが同意審決やユーザーの個人データ保護措置の順守状況監視を怠ったと推論する際に信頼できる根拠となった」と認定した。

フェイスブックはコメントを控えた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up