October 2, 2019 / 1:07 AM / 14 days ago

スイス金融当局、「リブラ」よりも監視外の暗号資産を懸念

 10月2日、スイス連邦金融市場監督機構(FINMA)のトップであるマーク・ブランソン氏は、米フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「リブラ」よりも、公的規制の監視下にない暗号資産プロジェクトへの懸念を示した。写真はドイツ国旗を背景に写したリブラのロゴ。9月13日、サラエボで撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[チューリヒ 1日 ロイター] - スイス連邦金融市場監督機構(FINMA)のトップであるマーク・ブランソン氏は1日、米フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「リブラ」よりも、公的規制の監視下にない暗号資産プロジェクトへの懸念を示した。

ブルームバーグのイベントで「金融システムのどこか片隅で開発されるプロジェクトがサイバー空間で広がり、止めれられなくなることを強く懸念している」と述べた。

フェイスブックは3カ月前、2020年6月にリブラを使ったサービスを開始すると発表して注目を集めた。最近ではフランスとドイツが反対を表明しており、リブラの関係者も先週、プロジェクト開始が遅れる可能性を示唆した。

ブランソン氏は、リブラは厳しい規制下におかれるが、特別なハードルを設けることはないと指摘。

「このようなプロジェクトを不可能にすることが目的でははい。開かれた姿勢で対応し、同じリスクには同じ規則を適用する。われわれの規則と基準は交渉の余地がない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below