for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェイスブックの利用者データ共有問題、米議会幹部らが強く反発

[ワシントン 6日 ロイター] - 米議会幹部らは6日、フェイスブック(FB)が中国の4社も利用者データのアクセス許可先と公表したことを受け、同社を強く批判した。

下院エネルギー・商業委員会のウォルデン委員長(共和党)と、同委の民主党トップ、パローネ議員は声明を出し、ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が4月の議会証言時に、これら企業との連携を公表すべきだったとの認識を示した。「フェイスブックやハイテク業界全体が完全な形で透明化を図るよう強く促す」とした。

民主党のマーキー上院議員はツイッターで「ザッカーバーグ氏は議会に戻って、なぜフェイスブックが疑わしい中国企業と米国民の個人情報を共有したのかを証言する必要がある」と訴えた。6日、上院外交委員会に、ザッカーバーグ氏の証言を求める書簡を送った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up