July 16, 2020 / 10:26 AM / 23 days ago

欧州司法裁、米国へのデータ移転の枠組みに無効判断

[ルクセンブルク 16日 ロイター] - 欧州司法裁判所は16日、欧州連合(EU)の個人データを米国に移転することを認める枠組み「プライバシーシールド」が無効だと判断を示した。

プライバシーシールドは2016年に導入され、多くの企業が利用しているが、米フェイスブックを提訴したプライバシー活動家のマックス・シュレムス氏が、米国による監視のリスクに懸念を示していた。

欧州司法裁は、プライバシーシールドの前身制度である「セーフハーバー」についても、シュレムス氏の訴えを受けて、2015年に無効との判断を示している。

ただ欧州司法裁は、別のデータ移転の枠組みである「標準契約条項」については、有効との判断を示した。ただし、データの保護が保証できない場合は、規制当局がEU域外へのデータの移転を停止もしくは禁止すべきだと主張した。

フェイスブックをはじめとする多数の大手企業、自動車メーカーなどは、クラウド・サービス、データ・ホスティング、給与管理、金融、マーケティングなど様々分野でEU域内のデータをEU域外に移転する際に、この標準契約条項を利用している。

標準契約条項に無効判断が出ていた場合、企業はデータ移転の停止に追い込まれていた可能性がある。他の選択肢はコストが高く、複雑でほとんど利用されていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below