August 8, 2019 / 7:12 PM / 14 days ago

顔認証巡るフェイスブック集団訴訟、米控訴裁が棄却請求認めず

米フェイスブックが顔認証技術を巡る集団訴訟の棄却を求めた裁判で、連邦控訴裁判所は8日、同社の訴えを退けた。カリフォルニア州サンノゼで4月撮影(2019年 ロイター/Stephen Lam)

[8日 ロイター] - 米フェイスブック(FB.O)が顔認証技術を巡る集団訴訟の棄却を求めた裁判で、連邦控訴裁判所は8日、同社の訴えを退けた。

フェイスブックは、提訴したイリノイ州のユーザーらに対し巨額の賠償責任に問われる可能性がある。

原告らは2015年、フェイスブックがユーザー多数の生体認証データを同意なしに収集、保管したとして、同社を相手取り訴えを起こした。同社が生体認証データを収集するため、顔認証技術を使い、イリノイ州の生物測定情報のプライバシー法(BIPA)に違反したとしている。

フェイスブック側は原告の訴えについて、個別の訴訟が必要などと主張していた。

判事はこうした主張を退け、原告らが集団訴訟を起こすことは可能と認定、フェイスブックが顔のテンプレートを無断で使用したとされる件について、「個人の問題や具体的な利益を侵害するもの」などと判断した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below