June 15, 2018 / 5:43 AM / a month ago

米上院委員会、フェイスブックの情報流出巡り関係者に証言要請へ

[ワシントン 14日 ロイター] - 米上院商業委員会は、米フェイスブック(FB.O)から大量の個人情報が流出した問題で、英データ会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に情報を提供したとされる研究者、アレクサンドル・コーガン氏に証言を要請する計画。委員会の広報担当が14日確認した。

 6月14日、米上院商業委員会は、米フェイスブックから大量の個人情報が流出した問題で、英データ会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に情報を提供したとされる研究者、アレクサンドル・コーガン氏に証言を要請する計画。提供写真は英政府委員会で証言するコーガン氏。4月にロンドンで撮影(2018年 ロイター)

同委員会は13日、消費者保護・製品安全・保険・データセキュリティーを担当する小委員会が、データのプライバシーに関する公聴会を19日に開くと発表した。CAや他のフェイスブックのパートナー企業に焦点を当てるという。

委員会によると、今回の公聴会はフェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が出席した4月の公聴会に続くもので、「ソーシャルメディア上のデータの収集と利用、CAへの情報流出を受けたプライバシーを巡る懸念、消費者保護への取り組み」に関する内容となる。

委員会は、CAと契約していたコーガン氏に証言を要請すると明らかにし、コーガン氏の弁護士は同氏が出席すると述べた。

フェイスブックは4月、ケンブリッジ大学で勤務していたコーガン氏が作成したアプリを通じて、ユーザー最大8700万人の個人情報がCAに不正に流出した可能性があると発表。コーガン氏がCAに情報を提供し、フェイスブックのポリシーに違反したとしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below