for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米FBの第3四半期は予想以上の増収増益、コロナでネット広告増加

(CFOのコメントなどを追加しました)

[29日 ロイター] - 米フェイスブックが29日に発表した第3・四半期決算は、売上高と利益が共にアナリスト予想を上回った。新型コロナの影響で、企業がオンラインでの販売などに軸足を移したことでネット広告の出稿が増加し、利益を押し上げた。ただ、このトレンドが変われば、2021年の広告収入の伸びに影響を及ぼす可能性があるとの見通しを示した。

第3・四半期の売上高は前年同期比22%増の214億7000万ドルだった。リフィニティブのアナリスト予想は12%増だった。

純利益は78億5000万ドル(1株当たり2.71ドル)で、前年同期の60億9000万ドル(同2.12ドル)から増加し、アナリスト予想(同1.90ドル)を上回った。

フェイスブックは売上高の多くをインターネット広告が占める。憎悪を助長する投稿を放置したとして、7月に中小企業を中心に広告出稿を見送る動きもあったが、影響は軽微だった。

月間利用者数(MAU)は27億4000万人に増え、市場予想の27億人を上回った。ただ、北米では第2・四半期から減少した。

第4・四半期のMAUは第3・四半期比ほぼ横ばいか小幅減少するとの見通しを示した。

決算発表後、株価は時間外取引でほぼ横ばいとなった。

インベスティング・ドットコムのシニアアナリスト、ジェシー・コーエン氏は「利用者がほぼ全地域で増加したにも関わらず、広告市場として最も魅力のある米国とカナダを含む北米地域では減少したことに投資家は失望しているようだ」と指摘した。

経費は28%増の134億3000万ドルだった。

デビッド・ウェイナー最高財務責任者(CFO)はアナリスト電話会議で、在宅勤務社員の職場復帰に伴うコストに加え、人員増加や製品投資、法務関連コストの増加で今後も経費は拡大するとし、その結果、利益率が圧迫される見通しだと述べたが、具体的な数字は明らかにしなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up