July 6, 2020 / 3:21 PM / a month ago

米ワッツアップ、香港の利用者データ巡る法執行要請の処理を停止

[6日 ロイター] - 米フェイスブック傘下の対話アプリ「ワッツアップ」は6日、香港の利用者データに関する法執行の要請の処理を「停止した」と述べた。

ワッツアップの報道官は声明で「人権に関する正式なデュー・デリジェンスや人権専門家との協議を含め、香港国家安全維持法のさらなる査定の結果が出るまで」要請の審査を「停止する」と述べた。

香港は、グーグルやツイッター、フェイスブックなどが利用できない中国本土と異なり、インターネット規制がない。

全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会の会議は先週、香港国家安全維持法を可決、同法は成立した。旧英国領だった香港が23年前に中国に返還されて以来の激的な変革に向けた第一歩となった。

これまで自治を認められていた香港には、多くの大手金融企業がアジアの拠点を置いているが、同法の成立により香港は独裁体制に近づいたとの懸念が根強い。一部の香港住民は、民主化運動や安全維持法に関するソーシャル・メディアの過去の投稿を見直し、警戒対象とみなされるものを削除しているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below