October 9, 2018 / 4:27 AM / 8 days ago

ファーストリテ、ダイフクと物流自動化で提携 1000億円規模を投資

[東京 9日 ロイター] - ファーストリテイリング(9983.T)とダイフク(6383.T)は9日、中長期的・包括的な物流に関するパートナーシップ合意書を締結したと発表した。ファーストリテイリンググループのブランドの国内外の倉庫自動化の計画、実行、メンテナンスに対応するため、両社で特別チームを編成する。

 10月9日、ファーストリテイリングとダイフクは、中長期的・包括的な物流に関するパートナーシップ合意書を締結したと発表した。写真はファーストリテイリングが運営するユニクロ店舗。都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

神保拓也・グループ執行役員によると、物流自動化における投資額は全世界で1000億円規模となる。

提携により両社は、ファーストリテの国内外の倉庫自動化に向け、世界最新鋭の自動化設備を開発・構築する。自動化設備の導入に当たっては、設計・機器・資材・専門的人材の調達、建設、試運転などの全業務を一貫して行うことで、最短での自動化設備の導入を目指す。また、自動化設備の生産性の最大化に向け、新しい物流システムや、そのために必要なシステムの開発を行う。

ファーストリテとダイフクは、ファーストリテの東京有明の物流施設だけではなく、国外でも倉庫の自動化に向けて取り組む予定。ファーストリテの柳井正会長兼社長は会見で「できるだけ最短で世界中に自動倉庫を作りたい」と述べた。

*内容を追加しました。

清水律子 安藤律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below