for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏フォルシア、2025年の営業利益率8%超を目指す

[パリ 22日 ロイター] - フランスの自動車部品メーカー、フォルシアは22日、2025年までに営業利益率を8%超とする目標を掲げた。

売上高も250億ユーロ(302億9000万ドル)に近い水準を目指す。

パトリック・コラー最高経営責任者(CEO)は、同社の「資本市場デー」に合わせて声明を発表し、「当グループは、全体として、今後5年間、市場を大幅にアウトパフォームする。特に急成長している高級、電気、商用自動車部門と中国で特に良い位置につけている」と述べた。

2020年の利益率は2.8%、売上高は146億5000万ユーロだった。同社も含め、自動車産業は新型コロナウイルス危機で打撃を受けた。

同社は2021年の売上高を少なくとも165億ユーロ、2022年の売上高を少なくとも185億ユーロとする目標を掲げた。

営業利益率については、2021年に新型コロナ危機前の水準である7%に近い水準に戻ると予想。2022年には8%に上昇するとの見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up