January 10, 2019 / 2:53 AM / 5 months ago

英アカデミー賞、「女王陛下のお気に入り」が最多ノミネート

 1月9日、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞のノミネートが発表され、「女王陛下のお気に入り」(日本公開2月15日)が12部門で最多ノミネートとなった。写真は2018年10月18日撮影(2019年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 9日 ロイター] - 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞のノミネートが9日発表され、「女王陛下のお気に入り」(日本公開2月15日)が12部門で最多ノミネートとなった。

同作品は、18世紀の英王室を舞台に病弱で不安定な女王アンと、女王が全幅の信頼を置く友人のサラ、召使いのアビゲイルを中心に描いた作品。作品賞や脚本賞でノミネートされたほか、出演俳優のオリビア・コールマン、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーンもノミネートされた。

その他、英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」、「ファースト・マン」(日本公開2月8日)、「アリー/スター誕生」が7部門で、コメディー「バイス」(日本公開4月5日)が6部門で、それぞれ候補に選ばれた。

授賞式は2月10日にロンドンで開催される予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below