for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FBI、自動車ハッキングでメーカーや所有者に注意呼び掛け

 3月17日、米連邦捜査局(FBI)と米道路交通安全局(NHTSA)は、自動車がハッキングされるリスクが高まっていると警告し、メーカーや車両の所有者に注意を呼び掛けた。写真はテネシー州で昨年11月撮影(2016年 ロイター/Tami Chappell)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)と米道路交通安全局(NHTSA)は17日、自動車がハッキングされるリスクが高まっていると警告し、メーカーや車両の所有者に注意を呼び掛けた。

両機関は「一般市民と自動車・自動車部品・交換部品メーカーに対し、コネクテッドカー(常時ネットに接続している車両)の潜在的な問題、サイバーセキュリティー上の脅威を意識するよう警告する」と表明した。

自動車のハッキングを巡っては、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)FCHA.MIが昨年7月、ハッキングの懸念に対応するため、約140万台をリコール(無償回収・修理)してソフトウエアをインストールすると発表。

ゼネラル・モーターズ(GM)GM.Nも昨年、スマートフォンのアプリで遠隔地からエンジンをかけたり、ロックを解除したりできる可能性があるとして、アプリのセキュリティーアップデートを行っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up