for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

PSAとFCA、統合条件を修正 新型コロナ危機受け

[パリ 14日 ロイター] - 仏自動車グループ、PSAPEUP.PAと欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービズ(FCA)FCHA.MIは14日、両社が2019年に合意した経営統合について、資金流出を抑えるため条件を修正すると発表した。

FCA側の株主に55億ユーロの特別配当を実施するとしていたのを29億ユーロ(34億ドル)に減らす。

PSAは、部品メーカーのフォルシアの株式46%をPSA株主に分配するとしていたが、統合後、新会社の全株主に分配する。

両社は「当初の合意のバランスは変わらない」としている。

関係筋は条件変更について14日、新型コロナウイルス危機を踏まえ、両社のバランスシートを強化し、出来る限り早期に統合を完了させる狙いがあると説明した。

統合による効果は年間37億ユーロ超と想定していたが、50億ユーロ超になるとしている。

来年第1・四半期末までという統合完了予定の時期に変更はない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up