for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ビリャレアルはバルセロナに完敗、久保は後半出場

 サッカーのスペイン1部、久保建英(右)の所属するビリャレアルは敵地でバルセロナに0─4で敗れた(2020年 ロイター/Albert Gea)

[バルセロナ 27日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は27日、各地で試合を行い、久保建英の所属するビリャレアルは敵地でバルセロナに0─4で敗れた。

ビリャレアルは前半15分に17歳のアンス・ファティに先制点を許すと、その4分後にもファティのゴールで失点。同35分にはリオネル・メッシのPKで追加点を許し、ハーフタイム間際にはオウンゴールで失点した。ベンチスタートの久保は後半29分からプレーした。

ロナルド・クーマン新監督の初陣で白星を飾ったバルセロナ。MFセルヒオ・ブスケツは「特に前半は良い試合だった。相手をはるかに上回っていたし、多くのチャンスを作り、4得点を手にした」などと振り返り、「われわれが目指すチームに近づいている」と述べた。

バルセロナからアトレチコ・マドリードに移籍を果たしたルイス・スアレスは、デビュー戦となったホームでのグラナダ戦で後半25分からピッチに上がり、試合終盤に2得点をマーク。チームは6─1の大勝を収めた。

乾貴士と武藤嘉紀の所属するエイバルはホームでのビルバオ戦で1─2の黒星を喫した。先発の乾は後半39分までプレーし、武藤は後半45分からピッチに立った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up