Reuters logo
ミシガン大消費者信頼感、2月はなお健全な水準に
2017年2月24日 / 19:01 / 9ヶ月後

ミシガン大消費者信頼感、2月はなお健全な水準に

[24日 ロイター] - 2月の米ミシガン大消費者信頼感指数(確報値)は96.3と、前月の98.5から低下した。だが予想の96.0は上回ったほか、依然として健全な個人消費のペースに整合する水準を維持している。

 2月24日、2月の米ミシガン大消費者信頼感は96.3に低下した。写真はニューヨーク・マンハッタンで買い物袋を持って歩く人。昨年12月撮影(2017年 ロイター/Andrew Kelly)

同指数はトランプ米大統領の当選を受けて、過去3カ月大きく上昇していた。

プランテ・モラン・ファイナンシャル・アドバイザーズの最高投資責任者(CIO)、ジム・ベアード氏は「消費者の関心がトランプ氏の選挙公約からシフトし、実行に移すことがいかに難しいか認識し始めているようだ」と指摘する。

米ミシガン大によると、2月の消費者信頼感指数の水準は、今年の個人消費が年率2.7%伸びることを示唆している。

内訳では、現況指数が111.5となり、前月の111.3から上昇。予想の111.2も上回った。

期待指数は90.3から86.5に低下。予想の85.5は上回った。

1年先の期待インフレ率は2.6%から2.7%に上昇。一方、5年先の期待インフレ率は2.6%から2.5%に低下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below