December 7, 2018 / 11:07 PM / 10 days ago

米金融政策、「岐路」に立っている=セントルイス連銀総裁

 12月7日、米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、FRBがインフレ動向や経済動静のほか、これまでに実施した利上げの効果を見極める中、米金融政策は現在「岐路」に立っているとの見解を示した。写真はワシントンのFRB本部。7月撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

[インディアナポリス 7日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は7日、連邦準備理事会(FRB)がインフレ動向や経済動静のほか、これまでに実施した利上げの効果を見極める中、米金融政策は現在「岐路」に立っているとの見解を示した。

同総裁は、FRBは2015年終盤から8回の利上げを行い「金融政策を大幅に正常化させた」と指摘。「インフレは低水準にあり、非常に安定しているように見える」とし、このところの利回り曲線の平坦化はFRBが「タカ派」過ぎるとの市場の懸念を反映している可能性があり、FRBが利上げを休止する1つの理由となるとの見方を示した。

ブラード総裁は来年、連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を持つメンバーになる。同総裁はこれまでもFRBは利上げサイクルを休止する必要があるとの考えを示していた。他のFRB当局者からも利上げ休止を示唆する発言が出始めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below