Reuters logo
米FRB、保有債券縮小に近く着手必要=ボストン連銀総裁
2017年4月19日 / 18:16 / 7ヶ月後

米FRB、保有債券縮小に近く着手必要=ボストン連銀総裁

[アナンデール・オン・ハドソン(米ニューヨーク州) 19日 ロイター] - 米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は19日、連邦準備理事会(FRB)は近く保有債券の縮小に着手する必要があるが、FRBが示している利上げ計画に影響が及ばないよう非常に段階的に行う必要があるとの考えを示した。

ローゼングレン総裁はレビー・エコノミクス・インスティチュートの会合で、FRBのバランスシート縮小について「比較的近い将来に」開始される「非常に段階的なアプローチを支持する」と述べた。

具体的には「当初は償還を迎える非常に小さい割合の証券を手放し、その後は非常に段階的に再投資する債券の規模を縮小することで、バランスシートの縮小がなかった場合と比べ短期金利の引き締めをそれほど大きく変える必要はなくなる」と指摘。「バランスシートの縮小の開始をより早い時期に開始することは、バランスシートに起因する金融刺激の度合いの縮小が非常に小さくなることを意味している」と述べた。

ローゼングレン総裁は今年はあと3回の利上げ実施を支持。FRBの予想中央値より1回多い。

米労働市場については均衡点にあるとし、まだインフレを押し上げる状況にはないと指摘。インフレ率はFRBが目標とする2%近辺での動きとなっているとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below