May 25, 2018 / 2:39 PM / 7 months ago

世界の中銀、金融規制の透明化に取り組む必要=米FRB議長

[25日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は25日、世界各国の中央銀行は金融システムの全体性の維持に向け、金融機関の規制を透明で信頼あるものにするための新たな方策を模索する必要があるとの考えを示した。

パウエル議長はストックホルムで開かれた世界中央銀行関連の会議で講演。米経済の見通しや金利の道筋については言及しなかった。

同議長は「透明性の向上とは単に信頼性を指しているのではなく、金融システムに対する信頼の回復、維持の一助となる信頼できる情報を提供することを指している」と指摘。米FRBを含む世界の中央銀行が独立を保障されていることで、2007─09年の金融危機と景気後退以降、銀行の金融安定は改善したと述べた。

ただ金融サービスの将来的な革新などに言及し、中銀は金融安定に向けたアプローチを現状にとどめることはできないとも指摘。「革新により金融安定のアプローチの変更が迫られることに疑いはないため、われわれは革新のペースに歩調を合わせる必要がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below