November 16, 2018 / 8:17 PM / a month ago

米金利、3.25%近辺までの上昇は「理に適う」=シカゴ連銀総裁

[16日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は16日、自身の米経済見通しを踏まえると金利を3.25%近辺まで引き上げることは「理に適う」との考えを示した。この水準は同総裁が考える中立金利を約0.5%ポイント上回る水準となる。

エバンズ総裁は、どこまで金利を引き上げるべきか見極めるために、物価、賃金、労働市場に関する指標をより幅広く検証すると表明。インフレ率が2.5%に上昇したとしても、一時的なものである限り問題はないと見なしていると述べた。

また、世界的な景気減速の可能性など、経済見通しに対するリスクは存在しているとしながらも、経済が力強い軌道から外れるには至らないとの考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below