Reuters logo
低中所得者の懸念に焦点、米FRBが地域諮問委員会
2015年1月16日 / 17:42 / 3年前

低中所得者の懸念に焦点、米FRBが地域諮問委員会

[ワシントン 16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は16日、市民15人で構成する地域諮問委員会を創設すると明らかにした。半期に一度会合を開き、経済情勢に関して幅広く協議するとしている。

 1月16日、米FRBは地域諮問委員会を創設すると明らかにした。写真はイエレン議長。ボストンで昨年10月撮影(2015年 ロイター/Brian Snyder)

FRBは声明で同委員会は「とりわけ低中所得者の懸念に焦点を置く」と説明した。

今後メンバーの選定方法などを明らかにし、年内にも第1回の会合開催を目指すとしている。

FRBに対しては、労働、低所得者関連の団体から低金利を維持するよう求める声が上がっている。イエレン議長をはじめとするFRB当局者は、昨年終盤からこれらの団体と接触し懸念を聞いており、従来の中銀幹部とは異なるアプローチをみせていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below