September 26, 2019 / 6:08 PM / 23 days ago

米国への移民制限、経済成長の重しに=ダラス連銀総裁

米ダラス地区連銀のカプラン総裁は26日、高齢化社会の進展で米国の労働力人口の伸びが減速する中、米国への移民制限は経済成長に対する重しとなるとの考えを示した。写真はワシントンのFRB本部。昨年8月撮影(2019年 ロイター/Chris Wattie)

[ダラス 26日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は26日、高齢化社会の進展で米国の労働力人口の伸びが減速する中、米国への移民制限は経済成長に対する重しとなるとの考えを示した。

カプラン総裁は「移民制限と経済成長率押し上げは相反する。労働力人口を増やす必要がある」とし、必要な技能に関する調査に基づき移民を多く受け入れられるよう移民政策の改革を提案。「通商と移民を巡る問題は米経済成長の加速に向けた大きなチャンスであり、脅威ではない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below