June 5, 2019 / 3:43 PM / 14 days ago

米経済への下向きリスク、通商問題で高まる=ダラス連銀総裁

[5日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は5日、通商問題を巡る緊張の高まりにより米経済に対する下向きリスクは高まったと述べた。ブルームバーグに対し述べた。

カプラン総裁は連邦準備理事会(FRB)の次の動きに関する質問に対しては、現時点で何らかの判断を下すことは時期尚早になるとし、 状況の展開を見ながら忍耐強くありたいと述べた。

トランプ政権が表明した対メキシコ関税措置については、実際に導入されないと「まだ希望を持っている」と表明。メキシコと強固な関係を築くことが米国の国益に適うと述べた。ただ対メキシコ関税措置の表明は企業心理の冷え込みにつながっているとの認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below