March 1, 2019 / 2:58 AM / in 22 days

インフレ率鈍いまま賃金上昇の余地、生産性向上で=米FRB議長

 2月28日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長(写真)は、ニューヨークでの講演原稿で、昨年の生産性向上によりインフレ加速のリスクなしに賃金が上昇する一段の余地が生じたと指摘し、利上げに忍耐強くあるFRBの姿勢について新たな根拠を示した。写真はワシントンで27日撮影(2019年 ロイター/Joshua Roberts)

[28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は28日、ニューヨークでの講演原稿で、昨年の生産性向上によりインフレ加速のリスクなしに賃金が上昇する一段の余地が生じたと指摘し、利上げに忍耐強くあるFRBの姿勢について新たな根拠を示した。

パウエル議長は「労働市場が堅調にもかかわらず、インフレ率押し上げ圧力の兆候は目立たない」と指摘。

「一段と豊富な雇用機会と賃金の上昇によって労働人口が増えている」と指摘。「企業部門の生産性の伸びは景気拡大期に想定を下回って推移していたが、このところ加速した。生産性向上はインフレ圧力を強めることなく賃金が上昇することを可能にする」とした。

パウエル氏は、講演の大部分を労働参加率引き上げと生産性向上に向けた政策を打ち出す必要性を訴えるのに割いた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below