June 17, 2019 / 8:18 PM / 3 months ago

FRB、来春までに再びゼロ金利政策 通商問題悪化なら=モルガンS

[ニューヨーク 17日 ロイター] - モルガン・スタンレーは17日、米中通商問題が一段と悪化し、米経済が景気後退(リセッション)入りに傾いた場合、連邦準備理事会(FRB)は2020年春までに政策金利を再びゼロ%近辺まで引き下げる可能性があるとの見方を示した。

こうしたシナリオが現実になれば、S&P総合500種.SPXは2400近辺と、現在の水準から約17%低下し、米10年債US10YT=RR利回りは年内に1.75%と、現在の水準から33ベーシスポイント(bp)低下するとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below