March 9, 2018 / 2:46 AM / 9 months ago

F1=合同テスト、フェテルがコースレコード更新

 3月8日、自動車レースF1の第2回合同テスト3日目が、スペインのバルセロナで行われ、フェラーリのセバスチャン・フェテル(ドイツ)が1分17秒182でトップタイムを記録。2007年改修後のカタロニア・サーキットのコースレコードを塗り替えた(2018年 ロイター/Albert Gea)

[バルセロナ 8日 ロイター] - 自動車レースF1の第2回合同テスト3日目が8日、スペインのバルセロナで行われ、フェラーリのセバスチャン・フェテル(ドイツ)が1分17秒182でトップタイムを記録。2007年改修後のカタロニア・サーキットのコースレコードを塗り替えた。

個人総合優勝4回の実績を持つフェテルは、「テストでのタイムはあまり意味がない。大事なのは、SF71H(車)が非常に強力なことを証明し、大きな問題なく1日走れたことだ」と、冷静なコメントを残した。

2位はケビン・マグヌッセン(デンマーク、ハース)で1分18秒360、3位はホンダのエンジンで臨んだトロロッソのピエール・ガスリー(フランス)だった。

メルセデス勢は、ルイス・ハミルトン(英国)とバルテリ・ボッタス(フィンランド)が、それぞれ84周と97週を走り込んだ。ハミルトンは「車は素晴らしく、非常に信頼性がある。バランスについてはまだだが、昨年課題だったものの多くは解決された」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below