January 23, 2020 / 9:51 PM / a month ago

スズキ、排ガス検査不正でオランダ当局が改善命令

オランダの交通規制当局は23日、ディーゼル車の排ガス規制に違反したとして、スズキの「ビターラ」とフィアット・クライスラーの「ジープ・グランドチェロキー」について改善命令を出した。パリで2018年10月撮影(2020年 ロイター/BENOIT TESSIER)

[アムステルダム 23日 ロイター] - オランダの交通規制当局は23日、ディーゼル車の排ガス規制に違反したとして、スズキ(7269.T)の「ビターラ」とフィアット・クライスラー(FCHA.MI)の「ジープ・グランドチェロキー」について改善命令を出した。対処しなければ、欧州での販売を禁止するという。

欧州連合(EU)全体の自動車規制を担当するオランダ陸運局(RDW)は、スズキが信頼性のある解決策をなお見いだしていないとし、「鈴木は適切な改善措置を取る必要がある。それができないと、欧州の型式認証を取り消す手続きを始める」とした。

またRDWはジープについて、欧州全体でソフト修正を行うためにリコール(回収・無償の改修)を命じたと説明する一方、予備的措置として認証取り消しの手続きを開始したと明かした。

両社は、有害な窒素酸化物(NOX)のテスト時の排出量を実際の走行時より少なくみせる「禁止された排出手法」を利用していたという。

両社からコメントは得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below