November 21, 2019 / 11:57 PM / 17 days ago

フィアット・クライスラー、年内にPSAと統合合意 GMの提訴一蹴

 11月21日、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、労使交渉での贈収賄を巡って米ゼネラル・モーターズ(GM)から提訴されたことについて「根拠がない」と一蹴、仏PSAグループとの経営統合で年内に拘束力のある合意を成立させることができるとの自信を示した。写真は11月8日、フランスのサン・ナゼールで撮影(2019年 ロイター/Stephane Mahe)

[トリノ/パリ 21日 ロイター] - 欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は21日、労使交渉での贈収賄を巡って米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)から提訴されたことについて「根拠がない」と一蹴、プジョーを傘下に持つ仏PSAグループ(PEUP.PA)との経営統合で年内に拘束力のある合意を成立させることができるとの自信を示した。

GMはFCAが全米自動車労組(UAW)幹部に賄賂を贈り、労使交渉を有利に進めていたと主張。GMが損害を被ったとして、FCAを20日に提訴した。[nL3N2804J6]

FCAは、この訴訟について「根拠がない」と反論。PSAグループとの経営統合を混乱させる意図があると批判していた。

FCAのジョン・エルカン会長は記者団に「GMの訴訟には適切な場所で対応するが、すでに表明した通り、全く根拠がなく、懸念していない」と発言。「FCAとPSAの作業の進め方を見ると、年内に拘束力のある覚書に調印できると自信を持てる」と述べた。

JPモルガンの自動車アナリスト、ライアン・ブリンクマン氏はリポートで、GMが少なくとも60億ドルの損害賠償を求める可能性があるとした上で、訴訟は数年かかる可能性があるとの見方を示した。

同氏によると、GMの主張が認められれば、米フォード・モーター(F.N)も同様の訴えを起こす可能性がある。フォードはコメントを控えている。

GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は21日、ニューヨークで開催された業界の会合で「公平な条件を望む。そうすればGMは競争し、勝負に勝つ」と発言。

PSAはコメントを控えている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below