October 31, 2019 / 8:09 AM / 14 days ago

フィアットとPSAが経営統合で合意、世界4位の自動車メーカー誕生へ

[ミラノ/パリ 31日 ロイター] - 自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏PSAは31日、経営統合で合意したと発表した。世界4位の自動車メーカーが誕生することになる。

共同声明によると、両社の取締役会がそれぞれの社内のチームに対し、数週間以内に協議のとりまとめと覚書の作成を指示した。

統合会社の会長にはFCAのジョン・エルカン会長が就任し、最高経営責任者(CEO)にはPSAのカルロス・タバレスCEOが就く予定。

統合完了後は、工場を閉鎖せずに年37億ユーロ(41億ドル)のシナジー効果を期待できるとしている。

統合完了前に、FCAは株主に55億ユーロの特別配当を支払い、保有する産業用ロボット製造部門コマウ株式を分配する。プジョーは、自動車部品フォルシア株46%を株主に分配する。

ルメール仏経済・財務相は、合意を歓迎し、経営統合によって、環境技術への投資や業界の試練に対応するのに必要な規模を持つことになると述べた。

統合会社の拠点はオランダに置く。取締役会は、PSAからタバレスCEO含め6人、FCAからはジョン・エルカン会長含む5人の計11人で構成する。

株式は、パリ、ミラノ、ニューヨークに上場する予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below