August 5, 2019 / 12:05 AM / 21 days ago

FCA、仏ルノーなど提携先候補と協議の用意=CEO

8月4日、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のマイク・マンリー最高経営責任者(CEO)は、仏ルノーなどの提携先候補に対し、協議に前向きな姿勢を示した。写真はルノーとフィアットのロゴ。仏ニースで6月撮影(2019年 ロイター/Eric Gaillard)

[デトロイト 4日 ロイター] - 欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCAU.N)のマイク・マンリー最高経営責任者(CEO)は、仏ルノー(RENA.PA)などの提携先候補に対し、協議に前向きな姿勢を示した。

同CEOは、第2・四半期決算発表の翌日1日に記者団に対し「戦略的にわれわれは、確固とした将来と明確な計画があり、それらに投資しており、進行中だ」とした上で、「しかし、提携や合併を通じてより良い未来があるなら、それに前向きになり関心を示すことがないと言っているわけではない」と語った。

FCAはルノーと合併協議を再開することに前向きだとしたが、FCAの技術・製品に関して規模拡大や補完を実現できるパートナー候補はルノーだけではないとの認識も示した。

マンリーCEOは「彼らが唯一の機会かと言えば、答えは明確に『ノー』だ」と語った。

FCAは6月、ルノーに対する統合提案を取り下げると発表した。

関係筋がこれまでに述べたところによると、FCAは仏プジョーと商用車事業で提携しており、両社はFCAがルノーに統合を提案する前に、より広範な提携について協議していた。

マンリーCEOはまた、提携先候補は自動車メーカーだけではないと指摘。「特定の技術を支援できる提携もある。コンシューマーカーのインターフェースを念頭に置いた提携もある。過去にはなかった提携が行われる可能性がある」と語った。

中国に関しては、合弁パートナーである広州汽車集団との提携の再編がコスト削減につながっていると述べた。合弁事業のジープモデルを増やす必要があるとも指摘した。

FCAが31日公表した第2・四半期決算は利益が市場予想を上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below