August 26, 2016 / 4:46 AM / 3 years ago

サッカー=ブラッター前FIFA会長、仲裁裁判所で異議申し立て

 8月25日、国際サッカー連盟(FIFA)前会長のゼップ・ブラッター氏(写真)が25日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)で、FIFAから自身に科せられた6年間の活動資格停止処分への異議申し立てを行った(2016年 ロイター/Pierre Albouy)

[ローザンヌ(スイス) 25日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)前会長のゼップ・ブラッター氏(80)が25日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)で、FIFAから自身に科せられた6年間の活動資格停止処分への異議申し立てを行った。

ブラッター氏は17年間にわたりFIFAのトップに君臨したが、2015年6月に辞任。2011年に前欧州サッカー連盟(UEFA)会長のミシェル・プラティニ氏に支払った200万スイスフラン(約2億1000万円)の責任を取らされる形となった。

CASでの審理のために姿を現したブラッター氏は記者団に対し、プラティニ氏への支払いは同氏に対する負債があったことが原因と主張、正当性が理解されるはずだと話した。CASは最終的な判断の時期を明確にしていない。

プラティニ氏もCASでの審理に臨んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below