April 29, 2020 / 3:34 AM / a month ago

サッカー=FIFA医事委員会トップ、9月まで試合再開に反対

 FIFA医事委員会でトップを務めるミシェル・ドーゲ医師は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を最小限に抑えるために、少なくとも9月までは試合を行うべきでないとの見解を示した。チューリヒで2015年5月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[28日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)の医事委員会でトップを務めるミシェル・ドーゲ医師は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を最小限に抑えるために、少なくとも9月までは試合を行うべきでないとの見解を示した。

ドーゲ医師は英スカイスポーツに対し、「これはお金ではなく、生きるか死ぬかの問題。第二次世界大戦以降、最も劇的な状況にあり、私たちは過小評価せず、現実的になるべきだ」とコメント。

ドイツ1部ブンデスリーガでは来月、イングランド・プレミアリーグでは無観客で6月のシーズン再開を目指しているが、ドーゲ医師は「今はもっと忍耐が必要。サッカーは人との接触が可能になったときにのみ再開できる。サッカーはコンタクトスポーツであり、それこそがまず回避すべきことの一つ」と話し、少なくとも社会的距離の規制が実施されている限りは試合再開は早すぎるとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below