Reuters logo
サッカー=FIFA、同性愛差別チャントで南米諸国に罰金
2017年11月8日 / 03:19 / 17日後

サッカー=FIFA、同性愛差別チャントで南米諸国に罰金

[チューリヒ 7日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、南米諸国のサポーターによる同性愛差別チャントの取り締まりのため、アルゼンチン、ブラジル、チリ、メキシコ、ペルーの5カ国に1万スイスフラン(約114万円)から4万スイスフランの罰金処分を下した。

サッカーの試合での同性愛差別チャントは南米諸国で広がりを見せており、FIFAは2018年ワールドカップ(W杯)予選中に各国サッカー連盟に罰金を科すなどの取り締まりをしてきた。

また、セルビアには先月行われたW杯欧州予選2試合での騒動で計16万スイスフランの罰金を科したことも明かした。オーストリア戦については「爆発物の使用、政治的、差別的バナーと政治的チャント」を含むファンの不適切な行為で9万スイスフラン、本大会出場を決めたジョージア戦でも同様の行為で7万スイスフランを科した。

オーストリアにも、セルビア戦でのサポーターの不適切な行為への警告として罰金1万スイスフランが科された。

そのほか、ボスニア、エジプト、エストニア、ギリシャも罰金処分の対象となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below