Reuters logo
サッカー=主審のPK判定ミスで南ア対セネガルが再試合へ
2017年9月8日 / 00:42 / 14日前

サッカー=主審のPK判定ミスで南ア対セネガルが再試合へ

[7日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は、ワールドカップ(W杯)アフリカ予選の南アフリカ対セネガルの試合において重大なミスがあったとして、その試合を担当したガーナ人主審を生涯資格停止とした上で再試合とする決定を下した。

FIFAは詳細を明らかにしていないが、当該のゲーム後にアフリカ・サッカー連盟(CAF)は同主審を、手にボールが触れていないにもかかわらず誤ったPKを南アフリカに与えたとして3カ月の資格停止としていた。

FIFAは6日の声明において「2016年11月12日に開催された南アフリカ対セネガルの再試合を命じた」と発表した。また、そのゲームは今年11月に実施する予定とした。

同主審は2010年にも判定ミスにより6カ月の資格停止処分を受けた経験があった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below