March 9, 2018 / 4:51 AM / 9 months ago

サッカー=ブラッター前FIFA会長、処分取り下げを求める

 3月8日、国際サッカー連盟(FIFA)前会長で、現在活動停止処分を受けているゼップ・ブラッター氏が、自身の汚職問題の件について 再議し、6年間の活動停止処分を取り下げるようFIFA倫理委員会に求める意向を明らかにした(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 8日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)前会長で、現在活動停止処分を受けているゼップ・ブラッター氏が、自身の汚職問題の件について再議し、6年間の活動停止処分を取り下げるようFIFA倫理委員会に求める意向を明らかにした。

ブラッター氏は17年間にわたりFIFA会長を務めたが、横領などの疑いにより2015年から活動停止処分を受けている。

先月、汚名をそそぐためにFIFAに対して法的措置をとることを検討していると明かした同氏は「2年半が経つ。いつ何が起こるかも分からない危機を常に身近に感じているようだ」と述べ、「このばかげた処分を取り下げるための解決策をFIFA倫理委員会に求めるし、私もロシアでのワールドカップ(W杯)までの3カ月間で何ができるか考えている」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below