November 4, 2018 / 11:39 PM / 10 days ago

フィギュア=フィンランド大会、羽生が世界最高得点で優勝

 11月4日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会はヘルシンキで男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦がフリーでも1位の190.43点を出し、合計297.12点で優勝(2018年 ロイター/Lehtikuva/Martti Kainulainen via REUTERS)

[4日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会は4日、ヘルシンキで男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦がフリーでも1位の190.43点を出し、合計297.12点で優勝した。

羽生はSP、フリー、合計点の全てがルール改正後の世界最高得点。フリーでは国際スケート連盟公認大会で史上初となる4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。

SP2位のミハル・ブレジナ(チェコ)が合計257.98点で2位。SP7位の田中刑事は合計206.82点で8位だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below