Reuters logo
仏大統領選候補フィヨン氏、支持率回復へ公約発表 新たな逆風も
2017年3月14日 / 06:31 / 8ヶ月後

仏大統領選候補フィヨン氏、支持率回復へ公約発表 新たな逆風も

[パリ 13日 ロイター] - フランス大統領選の共和党(中道右派)候補、フィヨン元首相は13日、低下する支持率の回復を狙い、経済再生に向けた公約を発表したが、高級スーツの贈り物を受け取っていたことが報じられ、新たな逆風にさらされている。

 3月13日、フランス大統領選の共和党(中道右派)候補、フィヨン元首相は、低下する支持率の回復を狙い、経済再生に向けた公約を発表したが、高級スーツの贈り物を受け取っていたことが報じられ、新たな逆風にさらされている。写真はその発表記者会見で撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

フィヨン氏は、記者会見で「今後5年間に1000億ユーロ(1070億ドル)を節減し、公務員を50万人削減したい」と発言。「私の計画はフランスを偉大な政治・経済大国にするという野心的な目標に基づいている」と説明した。

また、週35時間労働制の廃止や定年の現行62歳から65歳への段階的引き上げなどを行う方針を改めて示した。

しかし12日付のジュルナル・デュ・ディマンシュ紙は、フィヨン氏が2012年以降スーツなど約5万ユーロ相当の衣類を受け取ったと報道。同氏は今年2月に友人から2着のスーツを贈られたことを認めたが「それがどうした」と述べ、この人物の詳細には言及せず、自身の選挙運動を妨害する動きだとして報道を批判した。

フィヨン氏については、妻と子どもへの多額の給与支払いを巡る疑惑も浮上している。

一時は大統領選の最有力候補と目された同氏だが、こうした疑惑で政治家としてのクリーンなイメージが損なわれ、支持率は低下。

13日公表された調査会社オピニオンウェイの大統領選に関する世論調査では同氏の支持率は20%と、中道系独立候補のマクロン前経済相の25%、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首の27%を下回り、第1回投票での敗北が見込まれている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below