Reuters logo
仏共和党のフィヨン氏、党内指導的な役割から引退 
2017年4月24日 / 22:09 / 8ヶ月前

仏共和党のフィヨン氏、党内指導的な役割から引退 

[パリ 24日 ロイター] - 仏大統領選の共和党候補だったフランソワ・フィヨン元首相は24日、前日の第1回投票で決戦に進めなかったことを受け、6月の議会選挙に向けた党内の指導的な立場から身を引くことを明らかにした。

 4月24日、仏大統領選の共和党候補だったフランソワ・フィヨン元首相は、前日の第1回投票で決戦に進めなかったことを受け、6月の議会選挙に向けた党内の指導的な立場から身を引くことを明らかにした。パリで23日撮影(2017年 ロイター/Christian Hartmann)

フィヨン氏は党員に対し「議会選挙で共に戦うための信頼感はもはや持ち合わせていない」と述べた。議員を引退するかどうかは現時点では不明。

23日の第1回投票の結果、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が5月7日の決選投票に進むことが決定。フィヨン氏は敗北を認め、決選投票ではマクロン氏を支持すると表明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below