April 23, 2019 / 1:21 AM / in 3 months

秘密厳守の「アベンジャーズ」最新作、出演者も結末知らされず

 ディズニー/マーベルによるスーパーヒーロー映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の北米公開が25日に迫り、期待が高まっている。スタッフや出演俳優らの多くは「ネタバレ」を防ぐため、物語の全容を知らされていなかったようだ。写真は左から、ハルク役のマーク・ラファロ、ネビュラ役のカレン・ギラン、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス。6日、ロサンゼルスで撮影(2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 22日 ロイター] - ディズニー/マーベルによるスーパーヒーロー映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の北米公開が25日に迫り、期待が高まっている。スタッフや出演俳優らの多くは「ネタバレ」を防ぐため、物語の全容を知らされていなかったようだ。

本作は、マーベル作品群として同一の世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」作品全22作の完結編と言うべき映画だ。マーベルは撮影中、筋書きを秘密にしておくために特別な措置を講じ、出演者の多くは物語が具体的にどのように展開するのか知らないと述べた。

キャプテン・マーベルを演じたブリー・ラーソンによると、本作は「可能な限り秘密主義の映画」。せりふのないシーンでは、脚本を渡されていない状態で、セットの中にいるよう指示された。「どんなシーンなのか考えながら、そこにいなくてはならなかった。とても怖かった」という。

ハルク役のマーク・ラファロは、本作の脚本を全部読んだわけではなく、結末がどうなるのか知らないと述べた。

キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスは、マーベルの映画が「とてもクールなものになる」ことを確信していると語った。

日本公開は26日。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below