April 29, 2019 / 7:54 AM / 3 months ago

「アベンジャーズ」新作が記録的デビュー、世界興収1340億円

 ディズニー/マーベルによるスーパーヒーロー映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」が週末に世界各国で公開された。公開第1週の週末の興行収入は12億ドル(約1340億円)という驚異的な額に達し、数十カ国で記録を塗り替えた。ロサンゼルスで25日撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[ロサンゼルス 28日 ロイター] - ディズニー/マーベルによるスーパーヒーロー映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」が週末に世界各国で公開された。公開第1週の週末の興行収入は12億ドル(約1340億円)という驚異的な額に達し、数十カ国で記録を塗り替えた。

ディズニーの概算によると、北米では公開当日の25日夜から28日までに空前の3億5000万ドルを稼いだ。中国、ブラジル、フランス、エジプト、南アフリカを始めとする38の市場でも、本作は歴史に名を刻んだ。

世界第2位の映画市場である中国では、24日の公開以来、3億3050万ドルの興収を上げた。

歴史的な週末を迎えたことで、ディズニーはアナリストが言う「史上空前の年」を迎えることができた。同社は今後「トイ・ストーリー4」(日本公開7月12日)や実写版「ライオン・キング」(8月9日)などを公開する予定。

本作は、2007年以来21本以上制作され、映画史上最高の収益を上げたシリーズとなった物語の締めくくりと言うべき作品。ジョシュ・ブローリン演じる悪役サノスと戦うスーパーヒーローのグループとして、ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソンらが出演した。

ディズニーの配給部門の責任者であるキャスリーン・タフ氏は、観客は「これらの登場人物を大事に思っていることを、何度も証明してきた」と述べ、「この壮大な物語がどのように解決されるかを見たかったのだろう」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below