April 1, 2019 / 2:35 AM / 3 months ago

北米映画興行収入=「ダンボ」が初登場1位、ディズニー実写化作としては振るわず

 3月31日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ディズニーのファンタジー映画「ダンボ」が4500万ドル(約50億円)が初登場で1位となった。21日、英ロンドンでのプレミア試写会で撮影(2019年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロサンゼルス 31日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ディズニーのファンタジー映画「ダンボ」が4500万ドル(約50億円)が初登場で1位となった。

1941年に公開された、「大きすぎる耳」を持つ子象のダンボが繰り広げるアニメ映画の実写化で、監督はティム・バートン。1位とはなったものの、ディズニーによる実写化映画の公開週週末としては過去最低の興収となった。「美女と野獣」(2017年)は1億7400万ドル、「ジャングル・ブック」(16年)は1億0300万ドル、「シンデレラ」(15年)は6700万ドルだった。

「ダンボ」の興収が伸びなかったのは、オリジナル版が約80年前の作品であることや、ヒットした「美女と野獣」などに比べアニメとの関連性が低いことが要因とみられている。

前週に初登場1位を獲得したジョーダン・ピール監督のホラー「Us(原題)」は、3300万ドルで2位に後退。3位は「キャプテン・マーベル」で、興収は2000万ドルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below