for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北米映画興行収入=T・クルーズ主演「M:I」第6作が初登場首位、シリーズ最高額

 7月29日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、米俳優トム・クルーズが主演するスパイ映画シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(日本公開8月3日)が5900万ドル(約65億4400万円)を稼ぎ、初登場首位となった。 7月22日、スミソニアン国立航空宇宙博物館で撮影(2018年 ロイター/Mike Theiler)

[ロサンゼルス 29日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、米俳優トム・クルーズが主演するスパイ映画シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(日本公開8月3日)が5900万ドル(約65億4400万円)を稼ぎ、初登場首位となった。

事前に5000万―6500万ドルになると予想されており、この上限となった。第1週としては2015年公開の前作「ローグ・ネイション」(5500万ドル)をしのぎ、シリーズ最高額に達した。

ユニバーサルの「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(同8月24日)は前週と変わらずの2位で、1500万ドル。累計で1億2500万ドルとなった。2008年に公開され世界中で大ヒットしたミュージカル映画の続編で、前作に続きスウェーデンのポップグループABBA(アバ)の曲で構成されている。

デンゼル・ワシントン主演のスリラー「イコライザー2」(同10月5日)は公開1週目だった前週の首位から後退し、1365万ドルで3位だった。4位はファミリー向けアニメ「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」(同10月19日)で1240万ドル。5位は、SFアニメ「Teen Titans Go! to the Movies(原題)」で1100万ドルだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up