July 30, 2018 / 12:19 AM / 4 months ago

スター・ウォーズ次回作、レイア姫が未使用映像で登場へ

 7月27日、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の最新作となるエピソード9に、故キャリー・フィッシャーの演じたレイア姫の未公開映像が使用されることになった。配給のウォルト・ディズニーが27日明らかにした。写真は2015年12月、ロンドンで撮影(2017年 ロイター/Paul Hackett)

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - 人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の最新作となるエピソード9に、故キャリー・フィッシャーの演じたレイア姫の未公開映像が使用されることになった。配給のウォルト・ディズニーが27日明らかにした。

フィッシャーさんは2016年12月、ロンドンから米ロサンゼルス行きの旅客機内で心臓発作を起こし、60歳で急死した。「最後のジェダイ」は撮影を終えたばかりで、次回作にも中心人物として出演する予定だった。

メガホンを取るJ・J・エイブラムス監督は「われわれは猛烈にキャリー・フィッシャーが好きだった」との声明を出し、「キャリー抜きでは、真に満足できるスカイウォーカーの冒険譚など作れない。代役を立てることは決してないし、(再現するために)コンピューターグラフィックス(CG)を使うこともない」と断言。「娘ビリーさんのおかげで、キャリーの残した映像を次回作で使用する方法が見つかった。エピソード7(「フォースの覚醒」)で撮影した未使用映像もある」と述べた。

次回作の正式なタイトルは未定だが、2019年12月公開の予定。撮影は今年8月からロンドンで開始する。前作に当たるエピソード8「最後のジェダイ」で死亡したルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルも出演するという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below