February 26, 2019 / 5:03 AM / a month ago

性的暴行容疑のL・ベッソン監督、仏当局は訴追せず

 2月25日、フランス検察当局は、女優に対する性的暴行で告訴されていた映画監督リュック・ベッソン氏について、訴追せず予備調査を終了すると明らかにした。ただその後、別の性的暴行の申し立てがあり、捜査を開始したという。2018年2月17日にドイツのベルリンで撮影(2019年 ロイター/Axel Schmidt)

[パリ 25日 ロイター] - フランス検察当局は25日、女優に対する性的暴行で告訴されていた映画監督リュック・ベッソン氏について、訴追せず予備調査を終了すると明らかにした。ただその後、別の性的暴行の申し立てがあり、捜査を開始したという。

警察によると昨年5月、女優がパリのホテルでベッソン氏と面会した後にレイプされたと訴えたため、パリの検察当局が捜査を開始。ベッソン氏は容疑を否定していた。

検察は、この案件は「多数の捜査」を経て終了したとの声明を発表した一方で、同日に別の声明を出し、2月21日に別件で予備調査に入ったと明らかにした。

ベッソン氏の弁護士は、昨年5月の件については捜査終了を歓迎すると発言した。新たな捜査についてのコメントは得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below